代理出産プログラムとは

代理出産プログラム

代理出産プログラムとは、子宮に問題がある、もしくは卵子を採卵できるが不育症などで流産を繰り返している、 そして夫の精子に問題がない場合に行うプログラムです。
妻の卵子と夫の精子を体外受精して受精卵を作り、その受精卵を代理母の子宮に移植します。
妊娠出産の過程は代理母がしますが、赤ちゃんはご夫婦の遺伝子を 100%受け継いでいます。
今までの不妊治療ではどうしてもうまくいかず、新たな選択肢をお探しの方におすすめします。

 代理出産プログラムの流れ
 お申込み・お問い合わせ
 よくある質問

代理出産プログラム