エッグドナーを募集しています

LA Baby では、エッグドナーを募集しております。
謝礼金6,000ドル以上
遠方からのご登録の場合、飛行機代、ホテル代、全額、負担します。
不妊で悩むカップルを助けて下さい。

お問い合わせは直接メール、 又はお電話(310-312-4561)にてお問い合わせ下さい。

 よくある質問(卵子提供者)

あなたもいつかは結婚して、子供を産みたいと願うかもしれません。 しかし、残念ながら全ての女性が子供を産めるわけではありません。 なぜなら、さまざまな事情や問題を抱えている女性だけでなく、健康な女性も年齢と共に不妊になっていくからです。 現在、女性の社会進出や結婚時期の遅れにより、不妊に悩む女性は全体の約4割以上を占め、健康な卵子を切実に希望している人がたくさんおられます。 そのような人々の手助けをしているのがLA Baby Fertility Agencyの卵子提供プログラムです。 あなたもエッグドナー(卵子提供)に登録しませんか?

- 生理と卵子提供について -

自分の赤ちゃんの笑顔を見たいという望みは、実は必ずしもかなうとは限らないのです。 赤ちゃんを自分で産み、育ててみたいという人の中には、どうしても事情があって、自分の卵子が使えない人がいます。
女性は通常約200万個の卵子を持って生まれてきます。そして思春期になり生理を迎えるころまでに約20万個にまで減っていきます。 卵子は毎月たくさん作られていますが、そのうちごく少数の卵子だけが、毎月の生理で自然に体外へ排卵されています。 そして、排卵されないものを除き、自然と卵巣の中で消滅してくのです。
消滅してしまう前の卵子を、必要とするご夫婦のために役立てていただくことができます。 「卵子提供」と呼ばれますが、私たちLA Babyはその手助けをさせていただいています。 卵子提供によって、多くの方が素晴らしい生命を授かり、幸せな笑顔を増やすことが出来ています。

- 採卵と安全性 -

エッグドナーになっていただくために、是非知っていただきたい言葉、「採卵」と安全性についてご説明します。
採卵をすると通常数十個以上の卵子が取れますが、その卵子は元々卵巣で毎月作り出されているものです。 毎回生理のために排卵される卵子は1つですが、それは卵巣の中で育っているいくつもの卵子の中で、一番成熟した卵子です。
そして、排卵されずに卵巣の中で育った残りの卵子は、いずれ消滅していきます。 エッグドナーの方からの採卵では、その余分な卵子も成長させて、一緒に採取させていただくことになります。 つまり、元々卵巣に余っている卵子も採卵では採取させて頂くということです。
安全性については、医療のことですので100%安全とは言い切れないかもしれませんが、基本的に問題ないと言えるでしょう。 何故なら依頼者のほとんどは、まず先にご自分の卵子で体外授精を試され、何年もの間不妊治療の一環として体外受精を続けて来られています。
卵子提供の場合は、依頼者がご自分の卵子を使う代わりに、ドナーさんの卵子をお借りして体外授精を行うプログラムですので、 依頼者の方々もドナーさんにして頂くのと同じ事を経験されてきた事になります。 もし本当に危険で安全でないのならば、どなたも体外受精(不妊治療)を試みることはないと思います。

これまでドナー登録をしてくださった多くの方たちが、
「卵子が健康な今のうちに卵子提供ができて、人を助けられ本当に良かった。」
という感想を述べてくださっています。

LA Babyは、全員日本人スタッフで、現地の医療機関と共に活動し、緊急時のサポートなど、ドナーの方々にも徹底しています。
エッグドナーも医療行為です。しっかりとしたサポートと説明などは特に慎重に行う必要があります。
是非、LA Babyのプログラムにご協力下さい。

 よくある質問(卵子提供者)
 お問い合わせ

LA Baby